korona.png

“羽越のデザイン企業組合”は山形県鶴岡市、温海(あつみ)地域でうまれました。

企業名にある“羽越(うえつ)”とは出羽(でわ)国と越(こし)国を足した地域を指す言葉。

現代に置き換えれば山形、新潟、秋田の日本海側の地域でしょうか。
 

なぜ、“羽越”にしたかというと、単純に文化が近いからです。

明治の廃藩置県によって、今の山形県になりましたが、私たちは山形県内の内陸地方とは文化や言葉が異なります。逆に、近いのは新潟県の北部。

背中合わせにある、山形県の温海地域と新潟県の山北地域では“しな織”を始め、“焼畑農法”“灰汁(あく)文化”“塩引き鮭”など、言葉だけでなく、衣食住全てに共通するものが存在します。
 

県は違いますが、羽越のデザイン企業組合はこうした共通文化圏を大切にしていきたいと考えています。

良くすることは
​デザインすること

“デザイン”って何をするの?と尋ねられますが、デザインの本当の意味は「より良くする」ことだそうです。私たちは、故郷をより良くしていくことを一番に考えていきたいと思います。

 

近年、地方創生という言葉が当たり前になりました。

しかし、私たちが暮らす場所では若者が流出し続け、自然・文化・社会の継承に黄色信号が灯っています。

 

「こごさはいいものいっぺあらんどものぉ、、、」

​ 訳)ココにはいいモノがたくさんあるんだけど、、、

これは、地元で良く耳にする言葉です。

 

この言葉を噛み砕けば、いいモノがあるのはわかっているけど、その魅力を磨いて発信することができないということになります。

 

私たちはその魅力をデザイン、つまり、より良くしていきたいと考えています。

目指せ!

“サトモリカンパニー”

私たちが子どもたちへ伝えたいこと。それは「誇り」と「勇気」。

 

「自分の故郷には、こんなに素晴らしいものがあるんだ」

ということに、誇りを持てるような機会をつくりたいと考えています。

 

また、私たちが挑戦することで、「地方にはたくさん可能性があり、都会にいかなくてもいい。ここで挑戦することができるんだ」ということを知ってもらいたいです。

そして、「よーし、次は私たちの番だ」と勇気を持てるような空気をつくっていきたいです。

 

少し、背伸びしすぎでしょうか。

でも、それぐらいでないと何も成し遂げられません。

 

郷を守り、郷を盛り上げる。

 

羽越のデザイン企業組合は、先人から受け継いた自然・文化・社会を次世代に守り発展させる“サトモリカンパニー”を目指します。

​​羽越のデザインが​手がける
“umu project”

 

​​鶴岡うまれのスローなコスメ

四方を山々に囲まれた35世帯ほどの小さな郷「関川」。
夏の初めごろ、シナの木には可憐な花が咲き、優しい四方を山々に囲まれた35世帯ほどの小さな郷「関川」香りに包まれます。そこに暮らすムラ人達が一つ一つ丁寧に摘み取った花を原料にオーガニックな化粧品をつくりました。
抗酸化成分を豊富に含んだ化粧水[シナの花水]は肌なじみがよくサラサラ。洗顔用の[シナの花石鹸]は手練りで状態を確認しながら成形し、ゆっくり自然乾燥させて仕上げることでクリーミナーな泡立ちを可能にしました。

どちらも添加物を一切使用しておりませんので、安心してご使用いただけます。

一日の始まりと終わりに森の香りでリラックスしませんか。

お問い合わせ

羽越のデザイン企業組合へのお仕事のご依頼・ご質問は、以下のフォームよりお問い合わせください。

 

フォロー

お問い合わせ

住 所

〒999-7315 山形県鶴岡市関川55番地

©2019 by 羽越のデザイン企業組合.